vj16の偽物コピーパクリバッタモンって釣れるんかぁ~い?についてお答えします!

「vj16の偽物コピーパクリバッタモンって釣れるんかぁ~い?についてお答えします!」のアイキャッチ画像

こんにちは、BORAです。

シーバス用ルアーとして、絶大な実績を誇るコアマン社から出されているVJシリーズは、シーバスアングラーなら知らない人はいないと思えるくらい有名ですよね。

引用元:COREMAN公式HP

そのVJシリーズ、VJ16、VJ22、VJ28と3パターンを展開されていますが、

深くても水深5メートル前後の川のシーバスを攻略する上では、VJ16が、中層からシャローを攻める上で、効果的だとされ、リバーシーバスをされる方のほとんどがタックルボックスに常備していると思えるくらい人気、実績ともにNO1のルアーという印象を受けています。

そんな大人気のVJ16ですが販売価格が、店頭でもネットでもだいたい1400円(税抜)といった感じ

川のシーバスを攻略する上で、水位の上下や地形の変化などで、どうしても根掛かりリスクを100%防ぐことは難しい中、状況によってはVJ16をスローにリトリーブして巻いてくる事が超効果的な場面があるだけに、ロストしやすいルアーといえるのではないでしょうか。

常に3個くらいは、ストックしてあるとはいえ、1400円が根掛かりするとテンションは下がるし、少なからずメンタル面で釣りに悪影響を与えてしまいます。

BORABORA
コアマンさん!お願いします!!もっと安くして下さい!!!

この叫びは、私のようなお小遣い制の方なら共感してくれるのではないでしょうか。

そんな中、ヤフオクやメルカリで、中古で少しでも安いVJ16を探していて、見つけてしまったのが!

バイブレーションジグヘッドのハンドメイド品が6個で1250円!

どう見ても、VJ16のコピー品と思えるこの商品

BORABORA
安い!安すぎる!!もしこれで釣れたら金麦じゃなくて、スーパードライ飲めるやん!

そんなわけで、実際に購入して試してみました。

vj16のコピー品は作りが雑?

写真でおわかりいただけるでしょうか?

ワームを差し込む一番肝心な部分にバリが多く、きちんと装着できるか微妙といった感じ。

泳ぎが悪くなる可能性を懸念してコーナンでヤスリを買ってきました。

こんな感じでチマチマ作業していました。

その後、本物のVJ16と同じフック

がまかつトレブル13の銀色 SIZE10をネットで購入しました。

スプリットリングは、何でもいいと思ったので、サイズだけ本物と同じにしてスプリットリングEXの♯1を購入。

試しに1個完成させ、ノギスが無かったので、定規でだいたいの長さを図ってみましたが、ジグヘッドのサイズはほぼ同じで、後ろのフックまでのガイドの長さが少しコピー品の方が長かったです。

こんな感じで作業を進めましたが、けっこう細かい作業なのでプラモデルを作るのが苦手な方などには少し苦痛に思えるかもしれません。

VJ16のコピー品の使用感は?

さて肝心な使用感ですが

普通に飛び

普通に泳ぎ

VJ16の本物とほとんど同じといった印象

一つだけ難点を上げるとすれば、ワームがズレやすい点

ワームがジグヘッドからズレるとスイムアクションが左右に傾いたりして、真っすぐ泳がないと釣果に悪影響だとコアマンの泉氏が力説していたので

youtube動画

泉氏推奨の100均で買える3個入りの瞬間接着剤で固定した結果

泳ぎは全く問題なしで

完璧に千鳥ってました!

VJ16のコピー品は釣れるの?

結論をズバッと言いますと

普通に釣れちゃいます!

試しに私よりもはるかに経験豊富な先輩アングラー2人が本物のVJ16を使用して

同じ場所で3時間投げたおした結果

先輩A 4バラシ

先輩B アタリすらなし

それに対し

初心者の私がコピー品を使用して4ヒット1バラシ3キャッチという結果なので、コピー品が本物を超えた?(笑)とも思える結果となっています。

VJ16コピー品のメリットとデメリットまとめ

VJ16コピー品の

メリット

・値段が激安いという事

・普通に釣れるという事

・浮いたお金を他にまわせる事(金麦→スパードライ)

ただし

デメリット

・バリをヤスリで取るのが面倒

・フックを購入しなければならない

・スプリットリングを購入しなければならない

・フックとスプリットリングを装着しなければならない

・瞬間接着剤を購入しなければならない

・瞬間接着剤を塗らなければならない

・正直めんどくさい

以上の点からも、手間と労力がかかっても良い方には試してみる価値があるかもしれませんが、あまり根掛かりしないという方なら普通に本物を買っとく方が無難かもしれないといった感じです。

作りが少々雑なコピー品ですら釣れてしまうVJ(バイブレーションジグヘッド)とアルカリシャッドワームはさすがですね。この形状を発明したコアマンさんに拍手!

以上ご参考までに。

↓のVJ16コピー品も検証中!コスパ抜群のこの商品の釣果も凄い事に!インプレ、レビューも近日公開予定!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます